ArecX6の電源ON/OFFを電源制御型USBハブで行う試み

たま~に動作停止に陥ってしまうArecX6への対策としてうちではreserve2rsvを使ってます ・5分毎の録画開始コマンド送付 ・5分以上録画停止時のソフト的再起動 ・10分以上録画停止時のハード的再起動(U2H-SW4または電源制御型USBハブがあれば) ・6時間以上録画待ち状態が続いた場合に再起動 という機能があります(無保証) 【お知らせ】上記「6時間以上録画待ち状態が続いた場合に再起動」機能に不具合が発見されました。reserve2rsv 1.17以降にアップデートしてください で、ですね、やはりハード的に電源ON/OFFできないと使い物にならないわけなのですが、 ・U2H-SW4というUSBハブ + SW4CTRL.exe ・電源制御型USBハブ(使える機種・環境は不明) + hub-ctrl.exe(環境によっては使用不可) のいずれかが必要になります これらとUSB連動電源タップ(例えばサンワサプライ USB連動タップ TAP-RE7U)を組み合わせてArecX6の電源をON/OFFします Windows上でhub-ctrl.cをコンパイルしてhub-ctrl.exeを作成する VladiさんのブログのU2H-SW4を扱ったページのコメント欄に通りすがりの人が気になるヒントを書いてくだすってます。hub-ctrl.cをWindows上でも使えると! いろいろ試行錯誤してみたところ、Windows上でのhub-ctrl.cコンパイルに成功しま…

続きを読む